まつエクで、サロンと自宅でコスパの差

美容に関心がある女性ほど、まつ毛エクステに憧れる人が多いです。まつ毛エクステをすると、毎日自分でメイクしなくてもパッチリした目元が2週間から1ヶ月程度持続します。メイク時間の短縮になるだけでなく、すっぴんや寝起きの時でもパッチリした目ができているので、いつも目元は華やかな印象になります。

まつ毛エクステをする方法としては、サロンで施術してもらう「サロン派」と、自分で施術する「自宅派」があります。まつエクの仕上がりとしては、プロのアイリストが施術する「サロン派」の方が断然きれいにできます。しかし、ネックになるのはやはり料金です。サロンでまつエクを施術してもらうと、店にもよりますが、1回5千円~1万円程度かかります。それが月に1回だとしても、年間で6万円~12万円かかると思えば、かなり高額な出費です。

そこで、より安くまつエクをするために、セルフでまつエクをする「自宅派」が増えました。自宅でまつエクをする際にも、キットや道具は必要です。しかし必要な道具を購入しても、サロンでまつエクの施術代1、2回分程度の金額で、1年分くらいのまつエクを自宅ですることができます。そのため、「コスパがいい!」と言われ、「自宅派」でまつエクをする人が増えました。

しかし気になるのは、本当にセルフでまつエクすること」=「コスパがいい」ということになるのでしょうか。ここでは誰もが気になっている、まつ毛エクステのコスパについて見てみましょう。

まずコスパという言葉について、簡単に説明します。コスパというのはコストパフォーマンスの略で、「費用と効果」を対比させた度合いのことです。費用に対して効果が高ければ「コスパがいい」と言い、逆に費用に対して効果が低ければ「コスパが低い」と言います。日常生活でもすっかり定着している言葉ですが、ここでは、「まつエクにかかる費用」と、「実際のまつエクの効果」についてを見てみましょう。

◆サロン派
サロンにもよりますが、1回のまつエクでかかる料金は5千円~1万円が相場とされています。3千円くらいで施術できるサロンもあるし、1回の施術でつけるまつエクの本数によっても金額は変わります。そのため一概に何円、と決めることはできませんが、たいていのケースでは1万円以内で納まります。以下に、サロンでまつエクを施術した時の特徴をまとめてみます。
・平均価格:5千円~1万円(1本70円~120円くらい)
・平均施術時間:45分~1時間半程度
・再来店までの平均期間:約1ヶ月

ちなみに、まつエクのサロンでは「リペア」というものがあります。これはいわゆる「まつエクのお直し」と考えてもらうといいです。リペアでは、前回のまつエクから再来店までの期間に、まつエクが取れた部分だけをお直しするような感じです。サロンによっては、リペアでも全てまつエクをオフするところもあるし、一部分のみオフするところもあります。

ちなみに、まつエクデビューの際はリペアではなくゼロからのスタートです。リペアはあくまでも、施術が2回目以降のお直しです。リペアで施術してもらうと、ゼロからまつエクしてもらうよりも平均して2千円~3千円程度安くなります。そのため、「サロン派」ではリペアを好んでお願いする人が多いです。

リペアの仕上がりですが、サロンの技術者の腕にもよりますが、最初のクオリティーの7~8割程度の仕上がりになることが多いです。

◆自宅派
自分でまつ毛エクステをする際に必要なキットや道具をあらかじめ準備する必要があります。今はAmazonや楽天などの通販でも簡単にキットや道具を購入することができます。キットなどは値段もピンキリなので、どれを選ぶかによって初期費用が変わります。
・キットや道具にかかる平均価格:年間で1万円~2万円
・平均施術時間:1時間~2時間程度
・次回にまつエクをするまでの平均期間:約2週間

セルフでまつエクをすると、確かに価格の面ではお得感があります。しかし、慣れない人がまつエクをすると施術に時間がかかり、さらに仕上がりがキレイとは限りません。何度か経験を積んで、上手にまつエクできるようになるまでは時間がかかります。

さらにセルフでまつエクをすると、サロンと比較してまつエクのもちも悪くなります。サロンで行っているようなリペアは、自分一人で行うのは非常に高度な技です。そのため、まつエクをするときは、毎回すべてオフしてやり直す方がよさそうです。

上記のように見てきましたが、初期費用を考えるとまつエクは「自宅派」の方がお金がかかります。しかし長期的に見た時に、「サロン派」の方が毎月の出費が大きいと分かります。

しかし、上記はあくまでも「何もトラブルなく過ごした場合」に限ります。というのは、「自宅派」ではまつエクに使用するグルーが目に入ったり、皮膚に付着してトラブルが起きる可能性があるからです。

あるアンケートによると、まつエクをした人の4人に1人がトラブルに合っており、そのうち何割かは眼科に行って治療しています。そういったことを考えると、「自宅派」の方がリスクが高く、実際に病院代などかかるケースがあります。

トラブルなくまつエクをすればコスパのいい「自宅派」ですが、万が一目のトラブルがあった際には病院代などの出費があるので、トータルしてみると決してコスパがいいとは言い切れなさそうです。そのことをよく知っておくことが大切です。